登記部門

I 司法書士

1 登記又は供託に関する申請、審査請求又は抵当証券交付手続の代理
不動産所有権の登記(保存・移転など)・所有権以外の登記(用益権や担保物権の設定など)・財団の登記・商業又は法人の登記・供託に関する申請、及び、抵当証券の交付又は審査請求の交付手続きの代理を承っております。


2 裁判事務
裁判所等を利用したときに必要となる書類の作成を承ります。具体的には、訴状・答弁書・準備書面、督促手続申立書・手形小切手訴訟による訴状、民事執行・民事保全・破産手続申立書、審判・調停・即決和解・非訟手続申立書の作成を承っております。
また、2003年より司法書士の業務は拡大され、認定を受けることで、簡易裁判所における代理業務(訴訟・督促手続・保全手続・特定調停・少額債券執行手続)も執り行えるようになりました(ただし、140万円以下の事件に限ります)。当事務所でも認定を受けた司法書士がおります。債務整理などにも対応いたしますので、ご相談ください。


3 その他の書類の作成
官公庁に提出する国籍に関する書類(帰化申請書・国籍取得の届出書・国籍離脱の届出書)、その他の書類の作成を承っております。


4 成年後見・財産管理等に関する業務
任意後見人、任意代理人、任意後見人への就任、成年後見に関わる各種契約・財産管理、遺言の執行など、成年後見制度に関わる業務に対応いたします。


5 債権譲渡登記・動産譲渡登記
会社間で債権や動産譲渡を行った際、債権譲渡・動産譲渡登記を行います。


II 土地家屋調査士

6 不動産(土地・建物)の表示に関する登記
土地については、分筆・合筆・地目変更等、建物については、新築・取り壊し・増築・区分・分割・合体等の際には不動産の表示に関する登記が必要となります。当事務所では、表示に関する登記の申請手続についての代理を承ります。


 

Back to Top